財団法人大日本蚕糸会の仕事

カイコからのおくりもの トップへもどる



財団法人大日本蚕糸会は、1892年(明治25年)に任意法人として創設され、1942年には財団法人となりました。蚕糸、絹に関する基礎科学および応用技術の研究を行い、あわせて科学・技術を助長振興し、かつ蚕糸絹業の改良発達を図り、社会文化の向上発展に寄与することを目的としています。

本部の仕事

蚕糸絹業に関する情報センター的な役割を持ち、蚕糸絹業功労者の表彰、蚕糸絹科学技術の研究助成、蚕糸文庫の管理、蚕糸関係出版物の刊行、海外蚕糸技術者等に対する研修・交流などを行っています。

蚕糸科学研究所の仕事

蚕糸科学研究所は、1940年に民間からの寄付金により、財団法人として設立され、1942年に社団法人大日本蚕糸会と合併し、製糸技術・絹加工に関する研究センター的役割をはたしてきました。

研究内容
新しい蚕糸技術の開発、シルク素材加工技術の開発
絹タンパク質利用技術の開発、繭鑑定および生糸品質の評価

蚕業技術研究所の仕事

蚕業技術研究所は1940年に財団法人蚕糸科学研究所小平養蚕所として設立され、その後茨城県稲敷郡に移転、蚕品種研究所として独立。1998年蚕業技術研究所に改組、蚕業技術の研究センターの役割をはたしてきました。

研究内容
特長ある産品種の開発、養蚕新技術の開発。蚕種製造および配布、研修および技術相談

所在地

本部:
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-9-4
TEL.03-3214-3411 FAX.03-3214-3415

蚕糸科学研究所:
〒169-0073 東京都新宿区百人町3-25-1
TEL.03-3368-4891 FAX.03-3362-6210

蚕業技術研究所:
〒300-0324 茨城県稲敷郡阿見町飯倉1053
TEL.0298-89-1771 FAX.0298-89-2356

財団法人大日本蚕糸会の仕事 ページトップへ▲

Copyright2007-The Dainippon Silk Foundation All rights reserved