蚕糸科学研究所
主な研究成果
平成22年度

ふい絹の繊度・節コントロール
・ 太繊度低張力糸(ふい絹)の商品化に関する総合的研究

新規絹加工技術と絹衣料機能の利用技術の開発
・ クエン酸を架橋剤とした綿布へのセリシン固定加工
・ 酸を用いた歩練り絹糸の特徴

絹タンパク質の特性解明とその利用技術の開発
・ セリシンの乳化性能について

主な研究成果TOPへ
Copyright2007-The Dainippon Silk Foundation All rights reserved.