一般財団法人 大日本蚕糸会
蚕糸科学技術研究所ジャパンシルクセンター
一般財団法人 大日本蚕糸会
蚕糸科学技術研究所ジャパンシルクセンター

事業
純国産絹マーク

純国産絹マークについて

純国産絹マーク「純国産絹マーク」は、大日本蚕糸会が国産の繭・生糸だけを使って製造された純国産の絹製品であることが消費者に一目で分かるようにするために作成したものです。
左のマークのように、真ん中辺りに金色で「純国産」と書かれています。
このマークには、繭生産・生糸加工・染や織などを誰が行ったのかなど、つくり手の顔が見える絹製品の生産履歴が書かれています。
有識者で構成された「純国産絹マーク審査委員会」で審査し、承認された純国産絹製品に対してのみ、シール・タグ等が交付されます。

※「純国産絹マーク」とは似ていますが、内容が異なる「日本の絹マーク」というマークが別にあります。
「日本の絹マーク」は外国産の繭・生糸を使用し、国内で製織・加工などされた絹製品に対して付与されます。

申請方法

下記の純国産絹マーク規定等をご確認いただき、純国産絹マーク使用許諾申請書及び添付資料を提出してください。
※なお、2022年度(令和4年度)から純国産絹マークのシール等の交付に当たって実費をいただくことになりました。詳しくは、下記の規程「純国産絹マークシール等の交付について」をご覧ください。

規程様式等

純国産絹マーク使用許諾者について